カンノマサヒロ

昼時のそこそこ混んでるラーメン屋。
隣の席に座っていたサラリーマン風の男が、もうすでに食べ終わってんのに、僕が入店してから食べ終わるまで、ずっとただカウンターに座ってスマホ見てたのよ。
「並んでる人もいるのに迷惑なやつだな…」
なんて思いながら店を出て
近くの喫茶店でコーヒー飲んだんだけど。
その帰りにちらっとそのラーメン屋見たら、その男まだいたのよ!
食器も下げられてるのに同じ席でスマホいじり続けてんの!1時間以上もラーメン屋のカウンター席で何してたんだろう…。
なんか僕にしか見えない妖怪的なものだったの?怖い!

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ