hikoyoyuki

読んでくださってありがとうございます!
前回から間が空いてしまった為、今作を投稿でき安心しています。
皆さんにこうして読んでいただくことが、やはり何よりの喜びです。
次回はまた違う雰囲気に挑戦する予定ですので、また読んでくださると嬉しいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0