comico
ゾウリムシとミドリムシ

20.お母さんという存在

コメント

20 / 28 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

ゾウリムシとミドリムシ

ゾウリムシとミドリムシ

顕微鏡をのぞいたら、こんな日常が見えるかも……?!

作家コメント

閲覧ありがとうございます。
もう2週間半、子供が熱で学校を休んでいます。
病気が特定できず、大病院で検査の末「謎の風邪ウイルス」と判明。やっぱり謎でした。
はしかみたいな発疹が全身に出たら、一気に熱が下降。
発疹がキツいので、学校に行けるのはもう少し先かな?
子供:「体育大会に行きたくない」
ときぐろ:「どうした? 一体」
子供:「オレ全然練習してない」
ときぐろ:「本番に強いタイプやから大丈夫やって。先生も『無理はさせへん』て言ってくれてるし」
子供:「つか、体育大会明後日やけど行けるん? オレ」
ときぐろ:「それは……神のみぞ知る」
母はいつだって子供が心配だし、子供が幸せで元気に笑っていると嬉しいもの。
だから、それが一番の親孝行かもね。
ゾウリムシのゾゾには、クローンの自分はたくさんいても、たった一人のお母さんはいないのです。

みんなのコメント(7)

0/400

お知らせ