この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

232

カドノチエ

せっかくなので昔のものを掘り返して全部ぶっこみました。
この話は高校生の頃から考えていたものなので他にもあったはずなのですが見つかりませんでした。見つかったらあげますね。
昔は敦の家に潤也も住んでたり、主人公が幸だったり、そもそも幸がいなかったり、潤也はお玉ではなく包丁を振り回していたり……紆余曲折しまして現状におさまりました。
主人公は決めずに、5人がメイン。
今のところはこういったスタンスで続けていこうかと思います。
次からは新規となるので、1週間後くらいに更新予定です。
よろしくお願いします!

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ