月川マキ

もう当分桜は描きたくないと思いました。
甘さがこうも漂わない付き合いたてほやほやな…ほやほや…どうなんでしょうね。付き合うまでに色々あった二人です。
色々とここにはこういう意図を、みたいにやってるんですが、キリも無い上に誰得なので別場所にでも垂れ流します。
色塗りが苦手なので作業が遅くて遅くて。次の話も準備中です。そこらへんはまた某呟きの場所で告知すると思います。
※和訳の位置を編集しました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ