てらにしま

今回ちゃんと「バ●コさん」が顔を投げているのはいつかの誤りを踏まえたものだと懺悔しておきます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ