この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

148

斎子伴仗

小学生時代の通学路、突然私の肩に止まってきた小鳥が異常に私に懐いたので学校まで連れていき皆に持て囃されるという妄想を毎朝してました

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ