清水わかこ

絶望の準備が整いました。次が過去編のラストなると思います。
もう少しだけ九条の出番待っててください。とりあえず絶望の準備が整ったので次くらい落としにかかります。亜澄ごめんよ、でもこれが元のシナリオ通りなんだぜ…。ちなみに今日は清水の誕生日でした。ひとつ歳をとった実感がないです。いつまでも大人になりきれない清水でした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ