せんりょう静

老婆の若かりし頃の話。ファンタジー要素なしですいません。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

622