この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

210

ヒデゴン

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
今回は、がま吉、とら吉、いぬ吉が、うちの子になった時の話です。3兄弟は、私達が住んでいた長屋の縁の下で産まれ、ねこ吉とぞろぞろご飯を食べに来ており、とてもなついていました。大家さんが優しいおばあちゃんで、野良猫の事を「のらさん」と呼び、のらさんにご飯をあげるのもOK。家はもちろんペット可でした。和室の長屋で、殆ど1Kのような家だったので、エイト+3兄弟+人間2人でかなりいっぱい。エイズのねこ吉は入れてあげる事ができませんでした。次回は、ねこ吉のお話です。どうぞよろしくおねがいいたします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ