RUM

お待たせしました。第三話です。
キャラクターがおじさんばっかりだったので、フィオレ先生が加わって、ちょっと雰囲気が晴れやかになりました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ