玉屋一心

当方、寒冷地に住んでいますので、このシーズンは部屋の中もかなり寒いです。なので絵を描いている最中は手が凍えてしかたありません。エアコンやファンヒーターはありますが長時間使うとお金が掛かるので、5分描いてはコタツの中で手を温め、また5分描いては温めを繰り返しております。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ