koko

こういうちょっと寂しい雰囲気の言葉が知りたくて知りたくて疼いてます。
内容が意味不明っぽくて、そうじゃない。
なんというか、そういう内容がこういう雰囲気には合ってるかな、と思う作者です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

68