mf

リヒターも久々の登場です。第二部も終盤に近づき、この回は終盤の話の方向性を示す回となっています

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話