つちのこじろー

土用の丑の日。
鰻が食べたくなります。
親戚に”鰻太郎”がいることを思い出します。
そんな自分はつちのこじろーです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ