冬桐

去年はとはガイドラインの規約が厳しくなっているためか、SW2.0の営業目的とみなされているようです。
TRPGとして一括りにしてしまうと、TRPG自体がそういう内容という誤解を生みますし、明示を怠ることは版元の規約に反することになります。
多くの方にTRPGを知っていただきたいので、以前のようにベストチャレンジ作品に昇格することが望ましかったのですが、このままチャレンジ作品として掲載していきたいと思います。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0