冬桐

コンベンション中はICレコーダーでやりとりを録音しています。
その音源を聴きながらネームを切るのですが、同じ内容の同じタイミングで笑ってしまうんですよね。
当たり前なのですが、過去のメンバーも。
もう何年も昔のことなのに、変わらずに同じタイミングで笑えていることに、自分が変わっていないと反省する一方で、変わらず友人達と笑いあえているんだなぁという確認になり、思いがけず自分を省みるきっかけになりました。
本当に大事な思い出って、こんな風に自分の糧になっているもののことをいうのかもしれませんね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

次の話

この話のタグ