白兎

針を、忘れていた。

この作品が気に入ったら読者になろう!

10