ありがとうございました。
またいつかお会いしましょう。
覚えていて下さると嬉しいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

264