この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

903

シルクfactory

いつもおススメ&コメントありがとうございます。
起業初期はまだ実力や自信がなくて、ついつい「大きなこと」を言いたくなりました(汗)
今思えば「軽く見られたくない」と精一杯背伸びして、焦っていたのだと思います。
そんな自分の言葉に、お客様が動くこともなく、さらにいら立ち、実力のなさに打ちひしがれ、と空回りしていた感じです。
ああ、恥ずかしい。
恥ずかしいけれど「あの時は必死で一生懸命やっていたなあ」と、このマンガを描きながら過去をやっと振り返ることができました。
今までは恥ずかしすぎて、なかったことにしたかった…。
ツールに関してはあまりリアルにやるとコミコの規約(営業活動を含む表現)に引っかかりそうなので適当に流していますんでご了承ください。
次回は7月11日頃「自分が納得できる言葉をみつけよう」更新予定です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ