この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

583

雪ん子

たくさんのコメントありがとうございます。
これからも頑張ります!!
今回は、『ハーメルンの笛吹き男』のお話を入れてみました!
ここで少し、このお話のちょっとした小話を書いていこうかと思います。
このお話は本当にあったお話です。
1284年6月26日、ドイツのハーメルンという町で、130人の子どもが突然行方不明になったという事件を基にしています。
このお話にはいくつか諸説があって、伝染病説や遭難説など様々です。
その後、ハーメルンの町は法律として、特定の道では歌ったり、音楽を奏でたりすることを禁じているそうです。
ちょっとした小話でした!

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ