いわたなおと

この漫画は1週間に1・2ページずつ描いています。ですので現実世界では2・3カ月間「ネズミ」や「猿」のキャラクターと過ごすことになるわけです。すると、当初はクールな設定だったトラの王女様も、周りの明るいキャラと長く一緒にいるためか、表情が豊かになってきました。そんなこともあるんだなあと思いながら描いています。おまけにタイトルの「一輪の花」も、今回登場せずに終わってしまう始末・・・。次話は出てくるはずです・・・(たぶん)

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ