NR

42話も読んで頂きありがとうございます!
前回のみなさんのコメントを見て、
吹上の読み方ってこんなにたくさんあったのか!
と、楽しくなりました。
女子力男子と描いてある絵のところの
南の紺のユリは胸毛をイメージしました。
また次のお話も読んで頂けたら嬉しいですm(__)m

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ