この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

931

ノウミカエ

何処かしらの角に足の小指をぶつけた時、
「いったいなぁ、もうっ」ってなります。
思えば自分自身への怒りが明確になる一瞬の様な…。
なんと愚鈍で平和な幸せでしょう。
では、
まだまだ未熟ではありますが、
また、苺畑でお待ちしています。
おススメ・お気に・コメ、それだけで白飯三杯イケそうな高まりを感じています。
ありがとうございます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ