夜月(yaduki)

「これは本気で書いてる訳じゃない」っていう言葉を吐くことで、
他の人から「君ってこの程度なの?」と思われてるんじゃないかという恐怖から逃げる事が出来る。
でも、この作品は何度も逃げようとしつつも、必死に考え、作り上げている物語なので、「この話を本気で書いてます」といえるぐらいの強い人物になりたいなと思っています。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ