ゆゆ介

お読みいただいた皆様、誠にありがとうございます。第二話にもたくさんの反響をいただきました。感激です。ハウンド先生は肉きゅうぷにぷにでありながら癖のあるキャラクターです。悪いやつではありません。助手のフレンチくんはやればできる子です。次回がんばります。舞台は近世ヨーロッパをイメージしているので、気どったおしゃれっぽい雰囲気やセリフを目指しております。設定は複雑にならないようにしながら話の流れを読みやすくするように気を付けています。この作品は探偵ものと銘打っておきながら、頭脳による推理を意識しておりません。その理由は今後の話で触れると思います。質問や感想などぜひともお聞かせください。「おもしろい!」一言でも心が躍ります。次回の更新は11/22(日)を予定しております。どうぞよろしくお願いします。※次回の更新は11/2と記載しておりましたが誤りでした。混乱させてしまい申し訳ありませんでした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ