この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

869

今回昭和の一番景気良かったころの就活のもようです。
企業よりどりみどり。今の厳しい状態を見ると、100社から断られたら私心折れる…と思いました。
白野は専門と全然関係ない会社に内定ですね。
主人公にタイトルを叫ばせるのをやってみたかったのですが、21話目でやっと到達しました。これもオススメ、コメントをくださる皆様のおかげです。ありがとうございます。
ストーリーはこれからさらにシリアスっぽくなっていくのでは、と思います。でも白野の性格がコレだから、なんとか乗り切るでしょう。
白野の会社は小さいところで何もありませんでしたが、大企業に内定した人たちは入社前に旅行なんていうのもあったんですよね。
デザイン事務所は小さいところが多く、就業時間はもうめちゃくちゃで、お給料も少なかったのですが、やりがいがある職場だったようです。自分のデザインが世に出るのはうれしいですよね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ