comico
青春の瞬き

エピローグ 青春の瞬き

コメント

6 / 6 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

青春の瞬き

青春の瞬き

30代からのラブストーリー。大人の絵本。
とあるシングルマザー・小川千秋の、クリスマスに起こった、小さな物語。
「おとーさんのいない家には、サンタさんは来ない」
子供がそう言っている時、千秋の携帯に、かつての親友から電話がかかってきた―。

作家コメント

同窓会…
やはり、かつての友人たちと会う時は、「変わっていてほしくないなあ」という気持ちがありますが、
人は変わっていくもの。
夏くんだけが、「時の停まった人物」として、
そういった郷愁を描いたつもりです。
ここまで読んでくれた方に、ほんとうに感謝します。
半年前に描いた絵なのですが、やっぱり今見ると雑で、
ブログに発表したものを無理やりコマ割りマンガにしたものなので、お見苦しいところもあったかと思います。
空白部分が多いのは、ブログに発表した時の名残で、そこは、「マンガの中の”間”」として読んでもらえたら、と思います。
ご愛読ありがとうございました、次回作がありましたら、またよろしくお願い致します。
まつしたてつや

みんなのコメント(0)

0/400

お知らせ