大分間が空いてしまいましたが、やっと二話目です。短くするつもりだったのですが、まだまだ掛かりそうです…(汗

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

7