comico
文子と早春の煙

あかい花

コメント

5 / 6 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

文子と早春の煙

文子と早春の煙

小説を書くことで孤独を癒してきた女性に同じ趣味を持つ友人が出来たことで、次第に生活や人間関係が変わりはじめて…。

作家コメント

瀬山の最後のセリフにある「韜晦」は「とうかい」と読みます。本心を隠す、くらいの意味で使っていると思ってください。
引用している文章は有島武郎の『或る女』からです。
前回書いた『いつも故郷へ』の方まで読んでくださった方、本当にありがとうございました。あの漫画は完結まで五年半をかけて、特に思い入れのあるものなので、とても嬉しかったです。感謝しています。

みんなのコメント(29)

0/400

お知らせ