comico
文子と早春の煙

如是我聞

コメント

3 / 6 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

文子と早春の煙

文子と早春の煙

小説を書くことで孤独を癒してきた女性に同じ趣味を持つ友人が出来たことで、次第に生活や人間関係が変わりはじめて…。

作家コメント

僕自身が赤松や下田の年頃に小説ばかり書いてましたので、この漫画は自分が二十歳過ぎの頃を思い出しながら描いてます。
登場人物の想いに共感して頂けたり、先の展開を気にしていただてとても嬉しいです。ありがとうございます。ご感想、いつも励みにさせて頂いてます。

みんなのコメント(67)

0/400

お知らせ