石河カド

僕自身が赤松や下田の年頃に小説ばかり書いてましたので、この漫画は自分が二十歳過ぎの頃を思い出しながら描いてます。
登場人物の想いに共感して頂けたり、先の展開を気にしていただてとても嬉しいです。ありがとうございます。ご感想、いつも励みにさせて頂いてます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ