comico
文子と早春の煙

思い出す事など

コメント

2 / 6 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

文子と早春の煙

文子と早春の煙

小説を書くことで孤独を癒してきた女性に同じ趣味を持つ友人が出来たことで、次第に生活や人間関係が変わりはじめて…。

作家コメント

赤松が引用しているのはボードレールの詩集『パリの憂鬱(原題: Le Spleen de Paris』からです。
「己れ只一人…」はラ・ロシュフコーの言葉ですが、太宰治が『正義と微笑』の中で引用していたものです。
まだまだ序盤ですが、これからもお付き合いくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

みんなのコメント(47)

0/400

お知らせ