はぎ

美味しい珈琲だとか美味しい淹れ方だとか何一つ知りません。そんなものむしろ私が知りたいくらいです。
デザイン性を求めて描いた時計が驚くほどセンスのないダサい時計に成り果て、センスを感じました。家にあったら間違いなく近所の小学校のバザーに出します。
なんとか生きてるので、どうぞよろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ

17