kumandjuri

コメントをしていただいている方本当に、
ありがとうございます。
ありがたく拝見させていただいております。
 夫の支え理解があって初めて描ける作品です。もともと、漫画家のアシスタントをやっていましたが自分の漫画を描く時間を取るのが難しくアルバイト生活に追われる毎日でした。
 これは、勉強が大嫌いな英語を喋っていただかなければ困る私の両親の為に描かせていただいています。(おもに、文法を中心とした英語ではなく、単にギリギリ通じる英語をしゃべっていただきたいという目的の上に)
経済的な理由でどこまで、続けられるかは分かりませんが、夫の支えおすすめを押してくださっている皆様、があるうちは、頑張って描かせていただきます。
 

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ