O3

本当に申し開き用もございません…。 自身の無様さを嘆くばかりです…。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

次の話