豚の角煮

今回の優兎くんの多彩な顔表情いかがでしたでしょうか?
沢山のコメントありがとうございます!楽しみの一つとして全てコメント読ませていただきました。皆さんに愛されるうめちゃんと優兎がなんと読むのかが多かったですね(笑)
コメント返しすると優兎(ゆうと)とそのまま読みます。わざわざ検索してくださった方などもおりました。ありがとうございます!長文になりましたがこれからも「小梅物語」よろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

55