龍那

導入っぽい話。その3。コレにて1話完結です。
手順を踏んで、条件がそろえば、彼らは表に引きずられていきます。
そこで何かするかもしれないし、しないかもしれない。
驚かすかもしれないし、助けてくれるかもしれない。
 
噂されて、時々実行されて。
それを眺めたり影をちらつかせたりして、彼らは日々を楽しむのです。きっと。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

12