うちだ。

はじめから決まっていた事とはいえ、お父さんの無事を祈るコメントを沢山頂いたにも関わらず、このような結果になってしまい、申し訳ない気持ちです。
そんなわけで、次回で序章は終了です。頑なに顔を見せない彼女も登場します。
これから徐々に明るいお話になっていくと思いますので、よろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話