comico
2215

第7話 名残と城ヶ崎

コメント

7 / 10 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

2215

2215

21**年、暗黒時代へと突入した日本を救うべくとある法案が出された。それが「Gゲーター」。時は流れ2215年。Gゲーターに所属し、平凡に暮らしていた宮田将太郎。そんな彼の身に何かが起こる―――。何が正義で、何が正しいのか。全てが決まる”2215”年の物語。※多少暴力表現が含まれます。

作家コメント

私「月1で更新はきついお(´;д;`)」
友「じゃあ更新できなかったらずっと家にいて描けや。間に合わなくても家出るなよ」
私「え」
そして今日、私は間に合わせるために13時間パソコンの前に座り描き続けた。
というわけで以上第7話でした。
短かったですね。ハイ、短すぎました。
次回もこの2人の話になるので主人公はお休みです。主人公なのに。
そして毎話ごと、オススメ、コメントありがとうございます!感想などをぜひコメントしていただけたらありがたいです。椅子から5センチほど飛んで喜びます。
7話サブタイトル「ゲス顔祭」

みんなのコメント(7)

0/400

お知らせ