この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

182

五玉氷月

どうも。二度目の投稿となります。
一回目と変わらず今回も粗さの目立つお話となりました。
やはりデジタルは描きづらいですね。
今回恋愛的なお話を描いていきます。
ちなみに長いお話ではありません。
まぁ、皆瀬君と一ノ瀬君の関係を生暖かく見守っていくだけです。
あとは、以上です。失礼します。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

12