この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1,611

鍵野ろい

わたしが描いたり考えたりしているあらゆる創作世界は基本的に全て同一世界線の同じ地域、同じ時代を舞台としてます。
この物語はその大きなくくりの中のひとかけらで、舞織と魅織だけじゃなく、青嵐にも裂にも、東間や緋鷺にもそれぞれお話があります。
別に良い話を伝えたいわけじゃないんです。大きな世界の中で全員がハッピーエンドにはなれないんです。
その世界にいたとある双子の話をなぞりました。ありがとうございました。
真面目な文章は柄じゃないんですよ。
わたしは魅織のことはみおくん、舞織のことはまおたそって呼んでます。まおたそ~~~~

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

75