この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

501

たぞの

この話を書くにあたって、作者はその時のことを思い出しながらかくので何度もうわぁぁぁぁぁぁ/(^o^)\ってなってました。
(恥ずかしくて)
ちゃーはんさんやよすがさんとお話した時も緊張はしてたのですが、作家さんとお話したときはよほど緊張してたのかあんまりなにを話したのか覚えておりませんw
ただただ恥ずかしかったことを思い出します・・w
追記・ちゃーはんさんのキャラクターデザインは、ちゃーはんさんのオリキャラを使わせていただきました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ