この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

9,242

morio

おそくなりましてすみません。丁寧に描いてほしいとのお声を受けできるだけ頑張ってみました!塗りのこしとか消し忘れは力尽きました。
次回ようやくショタズでてくるか?といったところです。
もうすぐ弟ができましたも一周年を迎えます・・。はやい。
*まじかる エプロンボーイ*(一期あらすじ)
小学五年生のクラスメイト水月イソラと火川ユウヤ。特に仲が良いわけではなかったが、調理実習の片づけで二人だけが家庭科室に残ることに。そこに二枚のエプロンが落ちているのを見つけ、拾い上げてみるとそれは魔法のエプロンだった!
天の声(エプロンを付けて世界を救うのです・・)
エプロンを身に着けると超絶にうまい料理が作れるようになりその料理を悪者に食べさせて改心させるのだ!!!!いけ~~~~っ!!!!エプロンボーイズ!!!
・決め台詞
ユウヤ「ほっぺがおちるまえに改心しやがれ☆」
イソラ「天国へ一名様ごあんない☆」

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ