木市草太

タイトル絵のあと、坂元は加崎にはったおされます。
このまんがを何度か読み返してくださる方がいらっしゃるようで大変うれしやです。お外はすっかり寒くなりました。
某つぶやきサイトで更新についてたまに呟いているので、よろしければお時間があるときに覗いてみてくださいませ。第九話でした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ