comico
有害電波

♯1 上京初日の電車のドア

コメント

1 / 8 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

有害電波

有害電波

大戦から16年。世界最大の機動力を持つ”電波警察”が世界の平和を裏側から守っている現代。終戦直後に生まれた少年カミヤは、仕事の為に幼い自分と母を置いて家を出た父を捜すため、父の情報を求めて電波警察に入庁を志願する。

作家コメント

あたため続けてあたため続けてようやく1話です!是非最後までお付き合いよろしくお願いします!
◆注意書き加筆修正致しました!ご指摘ありがとうございます!(8/8現在)

みんなのコメント(30)

0/400

お知らせ