苦ミ

そういうわけです。苦ミです。前回から間があいてしまってスミマセンでした。かなり駆け足気味でしたが最終回です。一話投稿したときに、コンニャクで何したのか分からないという純粋なコメントをいただき罪悪感に押しつぶされそうになりながらもなんとか描き終えられました。それも皆さんのおかげです。ありがとうございました!!!ちょっとでも楽しんでいただけたら幸いです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

272