苦ミ

苦ミでございます。バトルもどき描くの楽しかったんですが、自分のネーミングセンスのなさに絶望しました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ