Jn5

其ノ二です。続きは本日中にアップします。
野暮ですが一つだけ言うとあのボトル自体はどこか見知らぬ無人島遭難者が海へ流した救難信号であり、ただそれだけのありふれた物です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話