てょ

ペンタブに慣れていきたい・・・。そう思わせてくれた作品です。生暖かい目で見ていただければ幸いです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

6