この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

96

roboinu

ジョンとサリーの住む街では、ちょうど枇杷のシーズン。あちらこちらからいい匂いがして、落ち着いていられなくなった彼らは、夜闇の中枇杷を探しに旅立つことに……
※セリフのサイズを大きくしました

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ